スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棄てられた民

パンゲア大陸に、棄てられた民たちがいた。

世界の終末、大陸はすべて海に飲み込まれようとしていた。
“地球大洪水”である。
人類はあらゆる手段を講じて大洪水を食い止めようとしたが、無駄だった。
そして悟ったのだった。地球を棄てるしかない、と。
人類は宇宙船“NOA”をつくり、地球脱出を試みた。
しかし、人類すべてが乗るには定員オーバーだった。
そこで、“有識者”たちによる選抜が行われた。それは人類による“最後の審判”だった。
かくして、優れた人間のみが選ばれ、劣った人間は滅びゆく地球に残されたのだった。

海が大陸を侵食してゆくなか、残された人間たちは最高峰の山の頂上に集まり、天に祈りを捧げていた。
神様、助けてください、助けてください。
優れた人間たちは科学の力を信じ、自らの手で運命を切り開いたが、残された人間たちには宇宙船を生み出す力などなく、神様に祈るしか道がなかったのである。

地球に残された数十億人の棄てられた民たちがみな、オリンポスの山の峰に沿ってびっしりと並び、ひざまずき、両手を天に捧げ、祈っていた。奇跡を信じて。
すると太陽が大きく輝きはじめた。眩しい光が世界を包み、人々を照らした。そして、向こうの海に光の玉が落ちた。
世界は急速に激変した。海の水が一気に蒸発していった。それはまるで、逆向きに降る雨だった。人々は奇跡を見ているようだった。

優れた人間たちを乗せた宇宙船“NOA”は消滅していた。
高エネルギー反応を捕らえた瞬間、跡形もなく消失していた。
太陽から飛んできた高エネルギーの光の玉は“NOA”を消滅させ、地球に飛んでいったのだった。

雨はやみ、空には虹がかかっていた。
人々は奇跡を目撃していた。
蒸発した海の水は北の端と南の端に集まり、氷の大陸が形成された。再び姿をあらわしたパンゲア大陸はひび割れていて、移動をはじめ、複数の大陸に分かれようとしていた。
それはまさに新世界の創造であった。
人々は天を見上げ、神に心から感謝した。

神は満足であった。
科学の力など、我々神を脅かしかねん。早いうちに滅ぼしておかねばな、、

今日も太陽は地球を照らしている。。
スポンサーサイト

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

知性溢れる文章ですね。
面白いです。結局神様は、
優れた人と優れた技術を
取り上げてしまったと。
そして、二度とNOAを作れないような人ばかりが
残ってしまった。
この話の、10年後を知りたいですね。
きっとまた、大洪水で奇跡的に
生き延びた人々で、
無謀にも地球脱出に挑戦するんでしょうね。
いや、今回の大洪水で全滅するのかなぁ…。

私もショートショートを書いています。
またURLまでお越しください。
http://ameblo.jp/shedshed
全然、知性溢れる文ではないですが。

ε(´Ⅰ`*)з

おもしろぃです!
もぅブログゎ書かれないのでしょうか(つд≦。?
もっと読みたいと思って書きました↓

これずーっと昔にあったってゅう話ですよね。私達の時代ももぅちょっとでありそぅですね( ̄ー ̄)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

FC2カウンター

プロフィール

54notall

Author:54notall
横浜国立大学マルチメディア文化課程。
爆笑問題太田さん、ダウンタウン松本さん、B'z稲葉さん、ラルクHYDEさん、椎名林檎さん、マイクル・クライトン、、に強く影響を受けています。
メインブログ54のパラレルワールド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。