スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風呂場

一人暮らしをやっていると、部屋がどんどん汚くなっていく。はじめのうちは掃除をしていたものだが、いつからかまったくしなくなり、今や私の家はごみ屋敷である。
風呂場にカビが生えてきて以来私は風呂に入っていない。そのかわり1週間に1度銭湯に行くのが習慣になった。カビだらけの風呂場はそんなわけでずっと封印されていたのだが、ひょんなことから開けることになった。

深夜、(ちゃぷん、ちゃぷん)という水の音に起こされた。その音は浴槽で子どもが遊んでいるように聞こえた。(ちゃぷん、ちゃぷん)。両隣の部屋に風呂はついていないので、その音は私の部屋の風呂場からのものであるに違いなかった。しかし誰が・・・。(ちゃぷん、ちゃぷん)。風呂場の戸の前に立った。戸の向こうでは(ちゃぷん、ちゃぷん)という音。子どもの笑い声さえ聞こえてきそうだった。夜闇の中、私は恐怖で震えていた。子どもの幽霊が私を呪い殺そうと誘っているのではないか。貞子や伽耶子が襲ってくるのではないか。いやいや幽霊なんてナンセンスだ。そんなのいるわけない。私が信じるのは科学だけだ。私は込み上げる恐怖を押し殺し、勇気を持って風呂場の戸を開けた。

風呂場の戸を開けてみると、浴槽でサメが泳いでいた。私は驚愕した。さっきまでの非科学的な恐怖から、動物的な本能的な恐怖が襲ってきた。サメと私の目がチラッと合った。その刹那、瞬発的な恐ろしさで鋭利な歯を剥き出しながらサメは飛びかかってきた。その目は血走り、見るものをすべて喰い殺してしまいそうだった。私はとっさに飛び退いて風呂場の戸を閉めた。戸をガンガン叩き、あるいは戸をぶち破って襲ってきそうな恐ろしさがそこにはあった。上昇する心拍数を抑えながら、私は努めて冷静になろうとした。
私は考えた。一体何故風呂場にサメが?

数ヶ月前、私は友人の結婚式に呼ばれ、おみやげにキャビアをもらった。キャビアなんて高級なものもったいないから持って帰っていいかとせがんだのだ。帰宅してから意気揚々とキャビアを口にしたのだが、思いのほか口に合わなかった。マズかった。がっかりしてキャビアを流しに捨てたのだ。
もしかすると流しに捨てたはずのキャビアが何かの拍子に風呂場に入ってしまい、水を張ったままの浴槽で孵化してしまったのではないだろうか。あるいは、流しで孵化したサメが水を求めて浴槽へ跳ねていったのではないだろうか。カビだらけだといって風呂場を封印していたために私はそのことにずっと気づかなかったのだ。その間にサメは成長し、エサを与えられないサメは怒り狂い、私を見るなり襲いかかってきた。今あのサメは腹減りのためにひどく凶暴化していて、とても危険な状態にある。

戸をぶち破りそうな勢いと恐怖を感じた私であったが、戸の向こうがあまりに静かだったので、私は戸を開けてみた。すると、さっきは血走った目で私に飛びかかってきたサメが今や息も絶え絶えに視線が宙をさまよっている。私はハッと気づいた。このサメは生まれてから今まで何も口にしていない。いつ死んでもおかしくない状態なのだ。親から授かった命であったが、キャビアとして売られ、生まれる前から食べられてしまう運命にあった。しかも、おいしく食べられるならまだしも、マズいと言われ流しに捨てられたとあっては。なんてかわいそうなサメなんだろうと思った私は、冷蔵庫にあった鮭や牛肉を食べさせてやった。鮭を食べているその目には、心なしか涙が浮かんでいるようだった。
少しは元気を取り戻したのか、浴槽に戻してやると再び泳ぎ始めた。ときどき水面に顔を出してはこちらにうなづくような仕草をする。私になついてくれたのだろうか。ひょんなことから出会ったサメであったが、どこか愛しく思っている私がそこにいた。

その日から、風呂場はサメ水槽となり、私は「ジョナさん」にエサあげるために毎日風呂場を開けるようになった。。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

桃色のイルカ

星降る森の小さな小屋で。

夜、ふと目がさめた。ぼんやり外に出る。森林の心地よい風が体をなでる。
私はなぜか森の中にいた。そのとき、誰かが私を呼ぶ声がした、気がした。
導かれるように歩いていくと、森の向こうに桃色の光が見えた。
導かれるように森を抜けると、そこには桃色に光る湖があった。
私はその美しさに見とれてしまった。近づいて湖の中を覗いてみると、桃色のイルカが泳いでいた。
優雅に泳ぐ桃色のイルカを見ていると、その軌跡が光の線になって浮かび上がった。光り輝く五芒星。実際にはそこに光の線なんてないのだけれど、私には見えた、気がした。
空を見上げると、たくさんの星が輝いていた。空を覆い尽くしてしまいそうな無限の数の星々。星は何かを伝えるかのように瞬いた。まるでメロディを奏でているかのように。
私の心には「Peace」という言葉が浮かんだ。瞬く星が「Peace」という文字を描いていたのではなく、星の奏でるメロディが「Peace」を歌ったのでもない。しかし、わたしははっきりと「Peace」を感じた。
バシャッ。
湖を見ると桃色のイルカが高くジャンプしていた。
そして桃色のイルカが月と重なった瞬間、夜空一面が桃色になった。
私はその瞬間、世界中が桃色の空に包まれたのだと知った。。

テーマ : 夢小説
ジャンル : 小説・文学

入れ間違い

男は目覚めた。
とても永い眠りから覚めたような気がした。
そこは真っ暗だった。
そして窮屈だった。四方八方を囲まれたような、箱の中にいる感じ。
すると箱が動き出した。
そして灼熱を感じた。
燃えている。いや、燃やされている!

男は火葬される寸前の棺の中で目覚めた。そしてまたすぐに眠りに落ちた。永い永い眠りに。

「いや~魂を1個落としちゃったんですよ~。これから生まれてくる赤ちゃんに入れる予定だったやつなんですけど~。私どうしようかと思ってすごい焦ったんですよ~。だってバレたら閻魔様怖いじゃないですか~。っていうか絶対バレるし!」
「え、ヤバくね?閻魔様に殺されるべ。っていうか死なねーけど。」
「うん、でもダイジョーブ。なんかすぐ戻ってきたから。そのあとちゃんと予定の赤ちゃんに届けてきたよ。でも、ほんとよかった~戻ってきて」。。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

豪華なレストラン

その日私は豪華なレストランにいた。なぜか客もシェフもいない。私一人だけだった。
テーブルにはそれまで見たこともないような豪華な料理がたくさん並べられていた。私はそれを好きなだけ食べてもいいように思えた。
肉汁のしたたるおいしそうなステーキを食べようとしたとき、イスが目に入った。イスの上には1万円札が何枚もあった。見ると1万円札は床の上にもたくさんあった。私はそれを好きなだけ持っていってもいいように思えた。
私は1万、2万、3万・・・ととっていった。手に抱えきらないくらい、ポケットにも入りきらないくらいたくさんの1万円札を私は手に入れた。
すると警報のようなベルが鳴った。
ジリリリリ!!という音に私はハッとした。
私は無意識のうちにそのベルの音を消した。
気づくと私はベッドの上にいた。ポケットに手を入れてみたが当然1万円札は入っていなかった。すべては夢だった。そして私は叫んだ。
「料理を食っとくんだった!!」

私はのちに有名な言葉を残した。
「金なんてのはあってないようなもんだ。そんなものただ持っててもしょうがないんだよ。しかし料理はそこにあるんだ。おいしいという感覚は『どこの世界でも』おんなじ確かなものなんだ。」
ご存知の通り私は今じゃ腕利きのシェフさ。豪華なレストランのね。

ちゃんと客もたくさんいるよ。。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

夢の世界

急に目が覚めた。真夜中なのか真っ暗だった。あまりにも真っ暗で恐怖を感じるほどだった。あまりにも怖くなって電気をつけようとコードを引っ張った。
しかし電気はつかなかった。もう一度コードを引っ張ってみた。しかし、つかない。怖くなって何度も何度もコードを引っ張った。あまり強く引っ張ってしまったのでブチっと言う音とともにコードがするするっと落ちてきてしまった。するとそれが合図かのように奇妙な音が聞こえてきた。
釣り用のリールを巻くような・・・あるいは女性がのどを鳴らすような、音・・・「あ・・・あ・・・ああああ・・・」。
私は怖くなって耳を塞いだ。すると耳に変な感触があった。手に持っていたコードだ。おそるおそる見てみると、それは長い髪の毛の束だった。悲鳴とともに髪の毛を捨てた。
そのとき誰かに見られているような気配を感じた。その視線には強い憎しみが込められているようだった。
殺される。私はこのまま殺される。すぐに逃げ出したかった。これは夢なんだと自分に言い聞かせ目を閉じた。これは夢なんだ、起きるぞ、起きるぞ。そう念じて力強く目を開けた。

そこは太陽が眩しい南の島だった。青い空、青い海。ビーチには自分以外に誰もいない。私は思った。これは夢に違いない。だとすればさっきの方が現実なのか。現実では自分は霊に呪い殺されようとしている。起きる気がしなかった。そんな恐怖の世界に戻る気なんて起きなかった。

私は一生を夢の世界で過ごすことにした。。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

白い息

夏なのに息が白かった。
最近の異常気象のせいだろうか。
私はなんだかうれしくなって、息を吸っては吐いていた。

すっは、すっは、楽しいな。すっは、すっは、うれしいな。
すっは、すっは、冬みたい。すっは、すっは、楽しいな。

そうしていると、なんだか意識が遠くなっていくのを感じた。
見ている景色がだんだん薄くなっていく・・・。
全身の力が抜け、ついにはパタリと倒れてしまった。

私が吐いていたのは息ではなく、魂だったのだ。。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

カサ

雲ひとつなく、ものすごく晴れているのに透明のビニール傘を差しているおばあさんがいた。
日傘か?と思ったが、透明だから意味ないだろうとも思った。
案の定、日をよけるどころか逆に太陽光が集まってしまっていた。
ちょうど頭のてっぺん辺り。心なしか煙が出ているように見えた。
大丈夫なのか。熱くはないのか。
そう思いつつ家に帰ると、私はびしょ濡れだった。

雲ひとつなく晴れた日のことだった。。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

冷蔵庫

一人暮らしの冷蔵庫というのは「パンドラの箱」である。そりゃあ、ちゃんとした人の冷蔵庫はきれいに使われているのだけど。だらしのない人、部屋がゴミ屋敷になってしまっているような人の冷蔵庫なんてのは、まさに開けてはならないパンドラの箱である。

私は1週間前、2年振りに冷蔵庫を開けた。開けるのには勇気がいった。ヨーグルトや牛乳が入れっぱなしになっていただろうか。もしそうなら悲惨なことになっているだろう。カビが生えて内装が黒緑色になっていないだろうか、きのこが繁殖していないだろうか(ある意味ラッキー?)。開けたとたん悪臭が立ち込めて鼻が曲がるのではないだろうか。悪臭ならいいが有毒ガスが出てきて死んでしまうのではないか。大きな不安を抱え、私は勇気を持って冷蔵庫を開けた。

冷蔵庫を開けてみると、そこにはペンギンがいた。私は少々驚き、一体なぜ冷蔵庫にペンギンがいるのか考えた。2年前に確か卵が入れっぱなしになっていた。もしかすると、にわとりの卵の中にペンギンの卵が混じっていたのではないか。そしてその卵が孵ったのではないか。幸いにも冷蔵庫は涼しく食べ物もあった。そのおかげでペンギンは2年間生き延びられたのだ。

その日から冷蔵庫はペンギン小屋となり、私は「ペンちゃん」にエサをあげるために毎日冷蔵庫を開けるようになった。。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

アクアブルーの花びら

夜、急に目が覚めた。窓を開けるとアゲハチョウが3匹部屋に入ってきた。普通のアゲハチョウではない。模様が青白く光っている。
綺麗だと思って触れようとすると、羽が4枚に分かれて散ってしまった。それに驚きつつ他の2匹の方を見ると、同じように散っていった。私はとても悲しい気分になった。
そうしていると風が急に強くなった。台風のように強く吹いた。私は窓を閉めようとしたが風が強すぎてなかなか閉められない。あきらめて部屋を出た。机の上の紙やなんかが風に舞っていた。部屋は大変なことになるだろう。

部屋を出た廊下にも窓はあった。雨も降り始めて嵐のようだった。雨の量が尋常じゃなかった。1年に降る雨が一気に降っているとでもいうような。その光景があまりにも恐ろしすぎて私は暗い廊下でうずくまり時が過ぎるのを待った。

朝、急に目が覚めた。どういうわけか私は廊下で寝ていた。悪い夢を見ていたような気がした。部屋に戻ると驚いた。部屋中が嵐にでもあったように荒れていた。何があったというのだろう。
私は外に出た。太陽がまぶしかった。目が慣れてきて真っ白な世界がゆっくりと色づき始めた。私は声を失った。青白い花びらが一面に広がっていた。やわらかな風に吹かれて花びらがまるでチョウのように舞っていた。ここは天国であろうか。

真っ青な空に虹がかかっていた。。

テーマ : 夢小説
ジャンル : 小説・文学

魂の断絶

「私は魂の断絶を期待している!」教祖は言った。
「恐れながら教祖様、魂の断絶は100万年に1度あるかないかのことなんですよ」側近が言う。「氷河期が来るその時に起こるなんて・・・奇跡ですよ」
「私はその奇跡を期待しているのだよ」
「ありえません。奇跡なんて起こりはしないのです」
「ならば"奇跡"という言葉は存在しないではないか」
「ないからこそ"奇跡"という言葉をこしらえたのです」
「わかった風な口をきくね。私を誰だと思っているのかね」
「教祖様です」
「教祖である私がなぜ奇跡を起こせないというのだね?」
「奇跡など誰にも起こせないのです。奇跡ではなく他の解決策を考えたほうがよいと思います。起きもしない奇跡を期待してなにもせずに氷河期を迎えてしまえば人類はみな滅びてしまいます」
「奇跡は起こる!それだけだ!わからず屋め!今日限りで私の側近をやめたまえ!」

側近は教祖様を信頼していた。最終戦争のあと、信者たちが生き残ってこれたのはまさに教祖様のおかげだった。しかし今は違う。氷河期という生物にとって最大の危機に直面した今、教祖様は正しい判断力を失っている。現実逃避という教祖様としてはあってはならない状態にある。精神的に不安定な教祖様は今私を見捨てようとしている。さらには数十万人の信者たちを見捨てようとしている!

地上は氷に覆われ始めていた。夏だというのに気温はマイナスを示している。植物はほとんど枯れてしまっていて、動物の死体があちこちに転がっている。そして"ダイト教"の聖地であるラッダにも寒波が迫っていた。

――――そのとき教祖は「魂の断絶」を感じた。体に電気が走り、意識がゆっくりと遠のいていく・・・。永遠に近い眠りの末に再び目覚めるのだ。

「教祖様は狂ってしまわれた。我々は自分たちの力で生き延びなければならない。」側近は信者たちに向かって言った。その表情は"側近"ではなく"教祖"のそれであった。
しかし結局人類は氷河期を生き延びられずに滅びてしまった。新教祖の努力もむなしく大寒波にやられてしまったのだ。

そして数万年後、世界が再び目覚めた頃・・・
「オギャーァァァ!!」
「元気な子が生まれたわねぇ。名前はどうしましょう・・・」
赤ん坊に秘められた力強さを感じてか、名前は天から降りてきたかのように頭に浮かんだ。
「そう、あなたは今日から"教祖様"よ!」。。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

ニノミヤくん

ニノミヤくんは本を読むのが好きだ。歩いているときでさえ本を読んでいる。食事のときも、人と話してるときも、授業中も、寝ているときでさえ夢の中で本を読んでいる。それほどまでに本を読むのが好きなのだ。

そんなニノミヤくんはいろいろたいへんなことがある。台風の日に外を歩くときでさえ本を読むので本がびしゃびしゃに濡れてしまったり、本を読みながらパスタを食しているときフォークを口に運ぶところをあごに刺してしまったり、階段を下りるときに足を踏み外してしまったり、テスト中に本を読んでるとカンニングと思われて怒られたり、毎日がトラブルなのだ。

そしてニノミヤくんは人生最大のトラブルにあってしまった。いつものように本を読みながら学校に向かう途中、道路を渡ろうとしたところ救急車にひかれてしまった。救急車の運転手がすぐに119番に通報し、駆けつけた救急隊員が懸命に処置をしたにもかかわらず、ニノミヤくんは死んでしまった。その手には最後まで本が握られていた。

本が大好きだったニノミヤくんは悲しみに暮れることになった。あの世には本がなかったのだ。人間は死んでしまうが本は死なないためあの世には本がないのだ。ニノミヤくんが目覚めたとき、握っていたはずの本は見当たらなかった。

しかし彼はあきらめなかった。あの世には死んでしまった文豪がいるはずだ。あの世で書かれた本があるに違いない。ニノミヤくんは文豪を探し回った。
そしてみつけた芥川氏。芥川は言った。本を書くことはできないのだよ。本と同様に、筆も紙も死ぬことはないからあの世には筆も紙もないのだ。だから本を書くことはできないのだよ。
ニノミヤくんはがっくりとした。もう本を読むことができないなんて!それなら死んだほうがましだ!いや、もう死んでいるんだ!ああ!!
 
がっくりとしたニノミヤをみつめながら芥川は続けた。本を書くことはできないが、私の頭の中にはストーリーがある。それを話して聞かせることならできる。死んでしまってからというもの、特にすることがないから、食事も睡眠もなにもすることがないのだよ、小説を考えてばかりいたから頭の中にはたくさんのストーリーが溜まっているんだ。どうだい聞くかね?
芥川が聞くとニノミヤが答えた。僕は本を読むことが好きなのです。話して聞かされるなんてとんでもない。ボーリングが好きな人が自分が球になって投げられたいとは思わないのと同じです。ああ本がないなんてもうおしまいだ。あああああああああ!!!
 
ニノミヤの魂は叫び続けた。途切れることなく叫び続けた。あの世では息継ぎをする必要がないから。
ニノミヤの魂は叫び続けることで悲しみを吐き出した。同時に記憶までもが吐き出されていった。自分がなぜ叫んでいるのかもわからなくなり、自分が誰なのかもわからなくなり、本を読むことが好きだったことさえも忘れてしまった。
それでもニノミヤの叫びはとどまることなく続いた。まるでそれが使命であるかのように。
 
ニノミヤの魂はもはや叫びであった。「叫び」そのものであった。生きながらにしてあの世へと迷い込んでしまったある画家が偶然それに出会い、作品に残した。
作品のタイトルは「叫び」であった。。

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

FC2カウンター

プロフィール

54notall

Author:54notall
横浜国立大学マルチメディア文化課程。
爆笑問題太田さん、ダウンタウン松本さん、B'z稲葉さん、ラルクHYDEさん、椎名林檎さん、マイクル・クライトン、、に強く影響を受けています。
メインブログ54のパラレルワールド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。