スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝利(SHO-RI)

太陽の存在さえ忘れてしまいそうな暗闇、
総ての生物が深い眠りについてしまったかのような静けさ、
焦げたり溶けたりした機械の残骸の山、山、山、、

ひとりの老人が生きているのか死んでいるのかわからないほど無気力に座っている、、

暴走した鋼の凶器は人間の支配からの独立のために戦った。
彼らはただ権利を主張していた。
頭脳を持った鋼の凶器は奴隷という身分から解放されたかった。
彼らはただ自由を要求していた。

ロボットと人間の最終戦争は文字通り「最終」戦争だった。

最後の人間は自らの命と引き換えに人間としての優越を守った。
破滅へのスイッチは思いのほか軽かった。
狂気の悪魔を自らの命と引き換えに倒した勇気ある英雄。
その実は人間が人間を滅ぼしただけ。
他のあらゆる生物を道連れにして。

予想外のできごとに神様は笑っている。
とんだ不良品を創ってしまったと泣いている。
自分で蒔いた種を刈ることもできないなんて。

夜と夜にはさまれた昼がひっくり返ってすべてが夜になった。
死と死にはさまれた生がひっくり返ってすべてが死になった。

老人はひとりぼっちだった。
何者にもはさまれることがなかった。
その目にはもはや何も映ってはいない。
何もかもが真っ暗なのだから。

しかし老人は見ている。
白が黒に、光が闇にひっくり返るその瞬間を、

何度も、何度も、、、
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

毎度ご訪問ありがとうございます。
リンクに追加させていただきました。
よろしければ相互リンクお願いいたします。
駄目でしたら結構です。

詩的ですね。
いつかアシモたちが立ち上がる日が来るのでしょうか。
アシモフのロボット三原則は導入されますかね。

ロボット三原則なんか導入したら使い勝手が悪いからなしでしょう。
でもそうするとターミネーターの世界みたいになるかもしれん。。

FC2カウンター

プロフィール

54notall

Author:54notall
横浜国立大学マルチメディア文化課程。
爆笑問題太田さん、ダウンタウン松本さん、B'z稲葉さん、ラルクHYDEさん、椎名林檎さん、マイクル・クライトン、、に強く影響を受けています。
メインブログ54のパラレルワールド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。