スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤモンド・アース

君は地球が丸いと思っているのかね?球体だと?

君は実際に宇宙に行って地球を見たことがあるのかね?
ないのになぜ地球が丸いといい切れるのかね?

教科書に書いてある?衛星からの映像を見たことがある?

教科書に書いてあることはすべて正しいのかね?衛星画像が本当に宇宙から撮影されたものだという証拠はあるのかね?
いいかね、信じられるのは自分の目だけなんだよ?

そもそも、地球が球体だなんてことがあるわけないのだ。
球というのは数学的に生み出された形であって、自然界には完全な球体はないのだ。
だから地球が球体であるはずがない!

球というのは、中心からの距離が等しい点の集合だ。
地球というのは、大気がある部分までが地球だ。
さて、大気を地球に引き寄せている重力は、場所によってまちまちなんだ。
重力が強い場所もあれば弱い場所もある。
地球の中心にあるマントルが常に流動しているのだから、重力が不安定で常に変動するなんてのは当たり前のことなんだがね。
重力が場所によってまちまちなんだから、大気だって均一ではなくぼこぼこしているはずなのだ。
だから地球は球体ではなく、でこぼこなんだ!

球体だと思って見るから球体に見えてしまうのだ。
実際に宇宙に行って地球を見た宇宙飛行士が言う。
「地球は丸かった」
嘘だ!出鱈目だ!地球はでこぼこなんだ!
先入観が世界を歪めて見せてしまうんだ。
地球が丸いなんて思い込んで地球を見たって地球の真実の姿なんか見えやしないんだ!

地球が丸いなんて思い込んでいるやつらはみんなそうなんだ。
自分が生きている世界をまともに見ようとしないんだ。
地球が青い?
青一色なわけがないだろう!
地球にいろんな色があって、とても一言で表せる色ではないのだ。
時間を変え、色を変えていくのだ。
地球はもっと複雑でダイナミックなんだ!

さて、ここからは理想の話をするが、いいかね?
なぜ地球は球体でなければいけないのかね?
昔から球体は神秘的な形として崇拝されてきた。
どこから見ても同じ形。球体は完全な形とされてきたのだ。
太陽も球体であるし、だから球体はしばしば神と混同されてきた。
その神聖な形と地球を重ねたくなるのが人情なのかもしれない。

しかし私は球体が神聖な形だなんて思わないぞ!
ただの丸、どっからみても同じ形、変化のない、つまらない形。
私は球体なんかに神秘性の欠片も感じないね!

私が神秘性を感じるのは正多面体だ。
正四面体、正六面体、正八面体、正十二面体、そして正二十面体。
特に正二十面体だ!
正三角形二十枚からなる完全な形、神秘の結晶。
見る角度によって表情を変える、ダイヤモンドの輝き。
その中には神が宿っているに違いないと思わせる。

地球は正二十面体でなければならない。
広大な宇宙の中で、唯一生命の宿る神秘の惑星、地球。
その奇跡的な地球の形として相応しいのは正二十面体だ。

私は生涯をかけて、地球を正二十面体に変えるつもりだ。
ダイヤモンドカッター号を打ち上げて、地球の大気を切り出すのだ。
でこぼこな、不完全な形なんて浅ましい。
私は宇宙船ダイヤモンドカッター号で大気を数学的に完全な精密さでもって切り出し、地球を正二十面体に変えるのだ。

想像してみたまえ、正二十面体の地球。
もはや「地球」とはいえない。
「ダイヤモンド・アース」
宇宙に浮かぶ、青色のダイヤモンド。
近づいて見ると、次々に表情を変える。
雲は不可思議なマーブル模様を描き、海は青く、森は緑、都市の人工的なビル色は光を反射して輝く、、

ダイヤモンド・アースはその神秘的な美しさのために、宇宙の中で侵してはならない神聖な星となるのである。。
スポンサーサイト

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

マッドサイエンティストですかね。
なんか、すごい説得力あります。

クライトンの小説に出てくる博士はこんな感じです。
確かに説得力がある。。

FC2カウンター

プロフィール

54notall

Author:54notall
横浜国立大学マルチメディア文化課程。
爆笑問題太田さん、ダウンタウン松本さん、B'z稲葉さん、ラルクHYDEさん、椎名林檎さん、マイクル・クライトン、、に強く影響を受けています。
メインブログ54のパラレルワールド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。