スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の世界

急に目が覚めた。真夜中なのか真っ暗だった。あまりにも真っ暗で恐怖を感じるほどだった。あまりにも怖くなって電気をつけようとコードを引っ張った。
しかし電気はつかなかった。もう一度コードを引っ張ってみた。しかし、つかない。怖くなって何度も何度もコードを引っ張った。あまり強く引っ張ってしまったのでブチっと言う音とともにコードがするするっと落ちてきてしまった。するとそれが合図かのように奇妙な音が聞こえてきた。
釣り用のリールを巻くような・・・あるいは女性がのどを鳴らすような、音・・・「あ・・・あ・・・ああああ・・・」。
私は怖くなって耳を塞いだ。すると耳に変な感触があった。手に持っていたコードだ。おそるおそる見てみると、それは長い髪の毛の束だった。悲鳴とともに髪の毛を捨てた。
そのとき誰かに見られているような気配を感じた。その視線には強い憎しみが込められているようだった。
殺される。私はこのまま殺される。すぐに逃げ出したかった。これは夢なんだと自分に言い聞かせ目を閉じた。これは夢なんだ、起きるぞ、起きるぞ。そう念じて力強く目を開けた。

そこは太陽が眩しい南の島だった。青い空、青い海。ビーチには自分以外に誰もいない。私は思った。これは夢に違いない。だとすればさっきの方が現実なのか。現実では自分は霊に呪い殺されようとしている。起きる気がしなかった。そんな恐怖の世界に戻る気なんて起きなかった。

私は一生を夢の世界で過ごすことにした。。
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

54notall

Author:54notall
横浜国立大学マルチメディア文化課程。
爆笑問題太田さん、ダウンタウン松本さん、B'z稲葉さん、ラルクHYDEさん、椎名林檎さん、マイクル・クライトン、、に強く影響を受けています。
メインブログ54のパラレルワールド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。