スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の太陽

日本とアメリカ・ニューヨークでは14時間も時差がある。
だから日本が夜のときアメリカは昼であり、アメリカが夜のとき、日本は昼である。

そこで、日本の首相がアメリカ大統領にこう言った。
「日本は夜になるとアメリカに太陽をプレゼントして、アメリカが昼になる。
今度はアメリカが夜になると日本に太陽をプレゼントして、日本が昼になる。」
お互い与え与えられて仲良く支えあっていきましょうという意味を込めてである。

するとアメリカ大統領はこう言った。
「夜になると太陽を奪っていったのは日本だったのか。
アメリカは常に光に満たされているべきだ。」

そしてアメリカは日本に戦争をしかけ、滅ぼしてしまった。
すると、太陽も日本と一緒に消滅してしまい、アメリカは常に夜に満たされた。

アメリカの子どもが夜な夜な言う。
「毎日太陽を届けてくれた日本はどこへ行ったの?」


同じような話が日本と中国にもある。


日本の首相が中国の主席にこんな手紙を送った。
「日の出づる国の天子から日の没する国の天子へ」

中国の主席はこう思った。
(日本という国がなくなれば、中国こそが日の出づる国だ)

そして中国は日本に戦争をしかけ、滅ぼした。
すると、二度と中国に日が昇ることはなくなり、中国は日が没したままになってしまった。

中国の子どもが夜な夜な言う。
「毎日太陽を持ち上げてくれた日本はどこへ行ったの?」


結局、どちらの話も日本人が書いたものだった。。
スポンサーサイト

テーマ : ショートショート
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

54notall

Author:54notall
横浜国立大学マルチメディア文化課程。
爆笑問題太田さん、ダウンタウン松本さん、B'z稲葉さん、ラルクHYDEさん、椎名林檎さん、マイクル・クライトン、、に強く影響を受けています。
メインブログ54のパラレルワールド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。