スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイラント

誰もが死んだ。

動植物が死に絶え、、、

人間だけが残った。

食物がなかった。

人間は殺し合い、、

喰らい合った。

まさに――――

弱肉強食――――。


「父さん、なにやってるの?」

暗い部屋の中で父がなにかを貪り喰っていた。
父の背中越しに見えたのは、顔の半分が喰い散らかされた人間。
しかしそれは顔の残りの半分で母だとわかった。

「母さん!父さん、なにやってるんだ!」

父が振り返った。
その眼はもはや人間のものではなかった。
とてつもない恐怖を感じた。
そして、逃げ出した。

部屋を飛び出した。壁に激突した。痛がる間もなく廊下を走り出した。破裂しそうな心臓の激動が身体のバランスを狂わせているみたいに、身体はもつれ何度も転んだ。廊下がいつもよりもはるかに長く感じられた。ベルトコンベアの上を走ってるみたいに、走っても走っても進んでいないように感じた。

気づいたら家の外に出ていた。家を振り返った。そして気づいた。
家の中には妹がいる!
しかし中には獰猛なタイラントがいるのだ。
助けに行かなければ、、でも、、
正義感と恐怖感のせめぎ合い、、
心はそんなに強くはない。

甲高いブレーキ音、そして激突音。
左を向いた。隣の家の塀に車が激突していた。運転席のドアが開いた。
助手席に乗っている女が運転席の男の首筋に噛み付いていた。
男は女の頭を引き剥がそうとしていたが、その腕はすぐにだらりと垂れ下がった。

背後で女性の悲鳴が聞こえた。
振り返るとヤンキー風な女が逃げていた。
その後ろから走ってきた派手なバイクが女を派手に轢いた。
女の身体はまるで人形のように折れ曲がり、吹っ飛んだ。
バイクから降りてきた男は倒れた女に走りより、その胸に貪りついた。
男はおっぱいではなく、心臓を喰らおうとしていた。

みんな獰猛なタイラントだ。
恐怖が全身を支配する。
こうなったら、、

獰猛な父タイラントがいる家へ引き返した。
しかし、妹を助けるためではない。
喰らうためである。

正義感と恐怖感のせめぎ合い、、
心はそんなに強くはない。
みんな獰猛なタイラントだ。。
スポンサーサイト

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

54notall

Author:54notall
横浜国立大学マルチメディア文化課程。
爆笑問題太田さん、ダウンタウン松本さん、B'z稲葉さん、ラルクHYDEさん、椎名林檎さん、マイクル・クライトン、、に強く影響を受けています。
メインブログ54のパラレルワールド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。